ブログ

2019.10.30

【風水の基礎知識①】

【巒頭と理気】

 

風水を「巒頭」と「理気」で大別することができます。

 

 

巒頭(らんとう)

目で見える地形の形から、その土地の気の勢いや流れ、質をみる。

流派による差はあまりないとされます。

 

理気(りき)

その家の玄関や、そこに住む人の生年月日などを

陰陽五行の理論などで吉凶を判断する。

八宅派、紫白九星派、玄空飛星派などの流派によって

判断もいろいろ違ってきます。

 

 

【巒頭について】

 

ヒトのカラダに脈絡があるように

大地にも気の流れるルートがあり、それを「龍脈」といいます。

 

 

龍脈は、山脈の尾根づたいに

クネクネと曲がりくねりながら流れているといわれています。

 

その姿が、まるで龍のようなので「龍脈」と呼ばれているわけです。

 

 

 

龍脈のスタート地点は

そこにある最も高い山の頂上で、それを「太祖山」と呼びます。

 

龍脈は、太祖山からいくつもの支流に分かれながら流れ

そのゴールが「龍穴」といわれる穴になります。

 

 

日本に限っていえば

日本一の富士山から発した龍脈は

東京の皇居付近に穴を結んでいる(龍穴)といわれています。

 

皇居はものすごいパワースポットなんですよ。

 

皇居のまわりをウォーキングしたりするのは

パワーチャージになるわけです。

 

 

 

巒頭だけでみたら、皇居が一番良くて

その他にも良いところは神社やお寺などすでに使われてしまっているのです。

 

 

そこで、理気をつかって

自分のおうちの中をベストな状態にして

 

いつも良いエネルギーが流れるようにすることが

幸運を引き寄せるための大切なポイントになるのです。

一番上に戻る
TEL:080-6484-8186 お問い合わせ
風水の学校の紹介 風水サンキャッチャーの購入はこちら Facebook