ブログ

2019.10.30

【風水ってなに!? その2】

【風水ってなに!? その2】

 

 

以前に「風水ってなに!?」というお話を

波動や周波数という観点からしました。

 

 

そもそも風水は

古代中国から発祥した占術なので

 

今回は中国っぽい観点からお話していきます。

 

風水とは

 

 

【ツボと風水】

 

自然界の大地には、常に気(エネルギー)が流れています。

 

 

いわゆるパワースポットといわれるところは

気の流れが良く、良い気が通り留まるところです。

 

 

風水は、あなたが住む家や環境など

その場所の気の流れを調整し、良い気を活用して

 

あなたにパワーを与える方法といえるでしょう。

 

 

 

風水の名前の由来は

「気は風に乗って、水に留まる」という言葉から来ているといわれています。

 

 

鍼灸や指圧、整体を学んだことがある方には

分かりやすいと思いますが

 

 

人間のカラダには

「経穴」といわれるたくさんのツボがあります。

 

「肩こりに効くツボ」とか「便秘にはここのツボを押すとよい」

などといいますよね。

 

 

そしてこのたくさんある経穴(ツボ)をつないでいくと

エネルギーが流れるルートとなり、これを「経脈」といいます。

 

 

ヒトのカラダに経脈があるように

地球上の大地にもエネルギーが流れるルートがあり

 

それを「龍脈」といいます。

 

 

そして、ヒトでいう経穴(ツボ)は「龍穴」といいます。

 

 

 

風水は、大地の龍脈をみて

重要な龍穴を探し活用する技法のこと。

 

いわば

大地の鍼灸術とか針治療という感じです。

 

 

ちなみに

鍼灸ではツボに針を刺したり、指圧することを「点穴」といいますが

 

風水で龍穴を見つけ、そこにお墓をつくることを

「尋龍点穴」といいます。

 

 

 

大地と人間のつくりはとても似ていますね・・・

 

 

 

あなたが住むおうちや、あなた自身の気の流れを

 

大地の気の流れに合わせていくことは

幸運を引き寄せるために大切な方法ということになるわけです。

 

一番上に戻る
TEL:080-6484-8186 お問い合わせ
風水の学校の紹介 風水サンキャッチャーの購入はこちら Facebook